人妻とのセフレ関係のデメリット

人妻とのセフレ関係のデメリット

男性ならほとんどの人が人妻とセックスがしたいと一度は思ったことがあると思います。アダルトビデオのジャンルでも人気が高い人妻。

しかしアダルトビデオはフィクションであり現実で人妻と関係を持つのはかなり興奮しますが失うものも出てくるかもしれません。

そこで今回は男性側が人妻と関係を持つことのメリットとデメリットを解説していきたいと思います。ぜひ最後まで読んでいただき安全に人妻との関係を持っていただきたいです。

人妻とのセフレ関係はデメリットも理解しておこう

人妻とのセフレ関係は普段じゃ味わえないような背徳感や興奮を味わうことのメリットはありますがその分失うものも大きいデメリットがありますので細かく説明していきます。

不倫は日本では不法行為

日本の法律上不倫は犯罪ではないので逮捕されて前科や刑事裁判にはなりませんが民事裁判で訴えられると高額な慰謝料を請求されることがあります。

もし浮気が原因でその夫婦が離婚した場合慰謝料の相場はおよそ100万円〜300万円と言われております。

10代後半の若妻は現実にはほぼいない

10代後半の若妻は現実にはほぼいない

10代後半で結婚する女性はほとんどができちゃった結婚をする傾向があるので育児や慣れない家事に追われて不倫をしている暇がないんです。

それに女性は出産すると性欲が衰えると言われておりますのでセックスがしたいと思わないんです。

なので現実でセフレを求めている女性は20代が多いので若妻とのセックスはほぼできないのです。

目立つ場所での待ち合わせは無理

一緒にいるところを近所の人や知り合いに見つかるのがリスクになってしまうので待ち合わせ場所を選ぶのが毎回大変になります。

また、わざわざ知り合いなどのいない遠い場所を指定しなければなりません。

探偵に証拠を掴まれる

よくドラマやアニメに出てくる探偵。これはもちろん現実の世界にもあるんです。

フィクションの世界の探偵はさまざまな事件に携わっていますが現実の探偵はほとんどが浮気調査なんです。

現在ネットで探偵などの情報が多く出回っており、簡単に調査依頼可能なので証拠をバッチリ押さえられてしまう可能性があるんです。

ヤバイ地雷な人妻もいる

結婚してもメンヘラが卒業できず、不倫関係ではタブーな依存をしてくる人妻や、自分だけが気持ちよくなればそれでいいと考えているマグロな人妻タイプ。

そして数年前にとある掲示板で話題となった伝説の92と言われている人妻。

この人妻は慰謝料は常に男性側が払うもので女性側は払わなくていいと思っていたとてつもなくヤバイ人妻なんです。

時間的な制限はメリットでもありデメリットでもある

時間的な制限はメリットでもありデメリットでもある

セックスが終わった後の賢者タイムの時って正直早く帰りたいと思いますよね。

人妻とのセフレ関係は時間的な制限があり、長時間一緒にいなくて済むのでセックスが終わったらすぐに帰れる事はメリットです。

しかし女性側の旦那の仕事が急に休みになったりとせっかく有給を使って休んで予定を立てていたのに突然の予定変更で会えなくなってしまうこともあるのでそこはデメリットになってしまいます。

人妻とセフレになるときの注意点と覚悟

憧れの人妻とのセフレ関係になったとしても沢山の障害があるので注意点や対処法などを教えたいと思います。

不倫は二人だけの秘密にしておく

よく男性同士の飲み会の場で盛り上がる下ネタ。セックスの話は飲みの席で大いに盛り上がりますが「この前人妻とセックスしたんだよね」などと例え酔っていたとしても口に出してはいけません。

不倫はどこでバレるかほんとにわからないのです。人妻とセックスしたという不倫話は墓場まで持ってく覚悟でしましょう。

人妻のスマホをチェックする

もし人妻の旦那が女性側のスマホを見たときにトーク履歴にあなたのトークがあったら一発で不倫がばれてしまいます。

いつどこで旦那が女性側のスマホをみるか分かりません。一緒に住んでいることを絶対に忘れてはいけません。

人妻と会う時は必ず毎回自分とのトークを消させるようにして連絡は必要最低限にしましょう。

セックス以上を求めない

セックス以上を求めない

人妻とのセフレ関係は割り切ってセックス以外の感情を求めたり要求してはいけません。

相手に情が湧いたり逆に女性側に情を抱かせたりするのはトラブルのもとです。人妻とのセフレ関係は体の関係だけを意識して他の感情は一切持ち込まないようにしてください。

人間は欲深い生き物ではありますが人妻とセックスできてることだけで感謝しましょう。

プライベートに干渉しない

セフレ関係にある人妻のプライベートにズカズカと干渉してしまうのはトラブルのもとです。

旦那の相談など聞いているうちに相手側の女性が恋心を芽生えさせてしまうかもしれないのでお互いプライベートはなるべくさらけ出さないように心がけていきましょう。

バレた時の事を常に意識する

不倫はいつどこで何をきっかけにバレるのか分からないのです。

そのバレたときに考えるのでは遅いので常にバレた時の行動を意識してバレても仕方ないと覚悟を持ってセフレ関係を築いていきましょう。

子持ちの人妻には注意

人妻をセフレにしたいのであれば子供がいない人妻を選びましょう。

子供がいる人妻は様々なリスクがあります。子供って意外と親の異変に気づきやすいのです。不倫がバレる理由の上位に子供に不倫を感づかれるパターンが多いのです。

いつの間にか不倫の証拠を押さえられている場合もあります。まだ子供が幼い年齢ならそんなに心配は入りませんが物心ついた子供がいる人妻との不倫は要注意が必要です。

人妻との将来を考えない

人妻との将来を考えない

人妻とのセフレ関係が長引きお互いに恋が芽生えるパターンも多いと思いますがそれは絶対にやめといた方がいいです。不倫の末に一緒になると常に不倫の影がつきまとうため夫婦関係はうまくいきません。

不倫したという事実が「パートナーはいつ不倫してもおかしくない」という疑念として残ってしまい、夫婦生活の中で100%相手を信じることができない状態になるというわけです。

ですが吊り橋効果と言ってお互いに秘密ごとなどを共有することによってそのドキドキが恋のドキドキだと勘違いすることがあります。これはカナダの心理学者が発表した心理効果のことで危険な場所や不安、恐怖を感じるドキドキが恋愛によるものだと脳が錯覚してしまうのです。

不倫がバレることの恐怖や不安をお互いに共有することによって恋愛感情が芽生えてしまうのですがこれは絶対に上手くいかないのでもし恋心が芽生えそうだとしてもやめておくことをおすすめします。

親に泣かれる覚悟を持つ

不倫は双方の親にまで知られることがほとんどなので親御さんにバレて泣かれた時の罪悪感は一生後悔します。ですが人間はそうと分かっていても止められない生き物なのです。性欲とはそれだけ人間にとって強い欲望なのです。

いくら後悔すると分かっていてもその時の一瞬の快感に人生を棒に振ってしまう人が多いのです。この性欲と上手く付き合っていくことが人生を上手く生きる鍵になっているのかもしれませんね。

もし、とてもタイプな人妻とセフレ関係になれたとして後々バレたときに後悔すると分かっていても止められる男性はこの世に数少ないのかもしれません。

終わりに

人妻とセフレになるデメリットは意識しておこう

いかがでしたでしょうか。人妻とのセックスは男として生まれてきた以上憧れを捨てる事はできないのかもしれません。

ですが人妻とのセフレ関係には様々なデメリットがありますのでそこを受け入れてまでも人妻とセックスがしたい男性は絶対にバレない工夫ともしバレてしまった時の覚悟を持ち合わせてくだい。

人妻とセックスするチャンスは生きていく中でそう訪れるものではありませんのでもしそのチャンスが自分の元にやってきてどうするかはあなた次第です。