人妻の性欲の正体

人妻の性欲の正体

男性の皆さんは「人妻」と聞くとなぜかエロスを感じて興奮してしまいますよね。

誰かのものを欲しがるのは人間の心理上仕方のないことですが、既婚者を寝取るのは正直リスクが高いです。

それでも、人生に一度くらいは人妻とセックスがしてみたいと思う男性は多いと思います。

男性は結婚していても風俗などで自分の欲望を満たしていますが結婚している女性はどこで欲望を発散しているのか気になったことはありませんか?

結婚生活が長ければ長いほどセックスレスは必ずあります。

人妻の性欲について知れば、憧れの”人妻とのセックス”が叶いますよ。

女性の体と性欲の関係

こんな話を聞いたことはありませんか?「男性は歳を取るにつれて性欲が衰えていき、女性は歳を取るにつれて性欲が増す」その通りなんです。妊娠適齢期は2度やってくるので歳を増すにつれて性欲が上昇するんです。

ちょうど人妻と呼ばれる年代の女性たちはムラムラしっぱなしなんです。表面上は大人の女性を演じていますが中身は欲望でいっぱいなんです。

結婚して子供の育児などで一度性欲が落ち着きますが後に再び性欲が復活することで肉体的快感を強く求める状態になってしまうんです。

その快感を発散したくても旦那とのセックスレスでなかなか発散できずに人妻達は不倫に走ってしまうのです。

不倫をしてるのは男性側に多いイメージがあると思いますがそんなことはないのです。

むしろ女性の方が性欲が増加しているため不倫をしている人が多いと思います。

家庭と子育てのストレスが性欲のスパイス

家庭と子育てのストレスが性欲のスパイス

男性は仕事で外に出ますが女性は子育てから家事でほぼ家にいる状態になってしまいます。外に出る時は食材の買い出しなどがほとんどで自分の趣味や好きなことをする時間がなくなってしまうんです。

「子供のためなら」と全国のお母さんたちは日々頑張っていますがお母さんも我々と同じ人間なのです。家事と育児のストレスは相当なものになってると思います。

そのストレスを発散する方法がセックスなんです。日々のストレスをセックスで発散したいと世の人妻達は思っているのです。ストレスが増えれば増えるほど日々の性欲が溜まっていき子供が大きくなり手がかからなくなった頃にこの性欲が爆発してしまうのです。

妊娠後は子育ての時期で性欲は後回し

現在日本の核家族化が進んだ状態や、解決の見えない育休問題などで女性が一方的に子育てを担当する現状です。昔ほど亭主関白な夫や家事は女性がするのが当たり前だという考え方は減ってきていますが男性は育児休暇が取りずらい社会や家事を手伝ってくれない夫は今も尚いるのです。

子育てや家事を手伝ってくれない夫に世の人妻は不満やストレスが爆発寸前なのです。性欲があっても日々のストレスや家事での忙殺で我慢の日々になってしまいます。我慢は人間の体に非常に良くありません。

必ずどこかで爆発してしまうんです。今まで我慢してきた性欲が爆発したらどうなってしまうのかそれはいつ頃起きてしまうのか…

我慢してきた人妻の性欲が爆発する時

我慢してきた人妻の性欲が爆発する時

今まで抑えてきた人妻の性欲が爆発する時期は子育てが落ち着いてきた30代後半〜50代で最初の性欲が解放できると言われています。逆に男性はこの年代になってくると性欲が衰えてきているため性欲が増加している人妻と性欲が衰えている旦那世の中やはり上手くはいかないものですね。

この時夫とのセックスはほぼレスになっている状態のため、爆発しそうな性欲を不倫で発散しようとします。だから日本の不倫問題は年々増加しているんだと、不倫はなくならないんだと思いました。

今まで子育てや育児を頑張ってきてやっと落ち着いたと思ったら旦那の性欲まで落ち着いているんじゃ世の人妻は報われませんよね。不倫はよくないことだとは思いますが今まで我慢してきた人妻の性欲はどこにぶつければいいんでしょうか?結婚したら死ぬまで我慢し続ける人生になってしまうのでしょうか。

こんな日本の社会だから不倫は無くならないし少子高齢化問題も解決の光が見えないんだと思います。こんな我慢だらけの人生になってしまうなら誰も結婚や子供が欲しいと思わなくなってしまいますよね。

年齢とともに募る性欲を抑えきれない人妻たち

子育て中だったり子供がいない夫婦でも人妻の性欲は募るばかり、男性のように風俗やキャバクラなど遊ぶ場所も少ない人妻。都内には女性用風俗などもありますがまだ数が少ないのが現状です。

旦那にセックスを求めても仕事で疲れてしてくれなかったり加齢で中折れや激しい動きができず満足行くだけのセックスができない。それに何年も同じ相手とばかりするセックスはどこかで必ず飽きがきてしまいます。

最近あった芸能人が不倫したニュースを見てもわかるようにどんなに容姿が良くて顔もスタイルもいい奥さんがいても同じ相手とのセックスは飽きてしまうんです。これは男性だけではなく女性もそう感じてしまうのです。毎日米ばかり食べてたら飽きますよね、たまには麺やパンも食べたいと思うのが人間です。

それとたまには違う体の男性とセックスしたいと思うこれも人間の仕方のない心理なのです。旦那とのセックスレス持て余した人妻の性欲これをどう解決しているのかというと不倫しかないのです。

不倫で解決するしかないのです。旦那ともセックスできないオナニーでは満足できないお店もないもう不倫するしかないんです。これはもう人間の欲求が無くならない限り不倫は仕方のないことなのでしょう。

人妻の性欲を煽るのは日本の文化

人妻の性欲を煽るのは日本の文化

日本特有の夫婦のセックスレスを美徳にする雰囲気と性教育の不足が夫婦間の性欲解消を阻害して人妻の性欲爆発を引き起こしているんです。

不倫をテーマにしたドラマや映画が流行ったり、主婦がちょうど朝の忙しい時間を終えて落ち着いてお茶でも飲んでる時間帯にわざとらしくドロドロした恋愛の昼ドラを放送したり日本人は何かと影響されやいのでドラマや映画のような不倫をしてみたいと思ってしまいます。

それに日本は性教育が遅れているのも不倫に関係してくるのかもしれません。しかし日本は人妻の性欲を煽るだけ煽る癖に日本の昔からの文化が原因で発散できない切ない欲求となっているんです。

どうして人妻ばかりが我慢しなくてはならないのか、人妻の爆発した性欲は報われることはないのかとても切ないですよね。
人妻の最後の望みは不倫しかないのです。煽るだけ煽られてでも、発散させてくれる場所がない。場所がないなら自分で作るしかないと不倫に走ってしまうのです。

人妻の爆発した性欲を受け止めてくれるのはもう不倫といういけない行為でしか止められないのかもしれませんね。

終わりに

終わりに

以上が人妻の性欲の正体でした。
なんだか切ないですよね。今まで家事から子育てを頑張ってきてようやく羽が伸ばせる時に旦那とのセックスレスなどで自分の性欲を満たせないなんて。

これでは今まで頑張ってきた人妻は報われませんよね。もっと日本も女性に優しい国になって欲しいと思います。女性がストレスや性欲を発散できる場所を作ってあげれば不倫は今よりも少なくなるのではないかと思います。

今日本の現状では人妻の性欲やストレスを発散できるところは不倫しかないのです。人妻の今まで貯めに貯めた性欲は不倫によって報われるしかないのかもしれませんね。

そんな性欲爆発中の人妻と出会えた男性の皆様はラッキーですね。人妻でしかも性欲が爆発してるなんて絶対めちゃくちゃエロいセックスができるに違いありません。