人妻を不倫に誘い込む効果的な大人の口説きテクニックとは

人妻を不倫に誘い込む効果的な大人の口説きテクニックとは

人妻と出会う際に、最適な相手は不倫願望のある人妻です。不倫願望のある人妻であれば、リスクを最小限に抑え、相手と肉体関係まで持ち込める可能性があります。

一方で不倫相手と肉体関係まで持ち込み楽しむためには、人妻を的確なアプローチで口説く必要があります。本記事では不倫願望を持つ人妻にどのようなアプローチで近づき、相手に心を開かせるか、口説くために必要なテクニックをご紹介します。人妻と出会いたいと強く願っている方は、本記事を参考にしてください。

人妻が不倫に手を出してしまう8つの理由とは

人妻を口説く前に、人妻がなぜ不倫に手をだしてしまうのか、理由を知っておく必要があります。人妻が不倫をする理由を把握しておけば、的確な距離感で人妻との距離を縮め、相手に信頼してもらえる可能性があります。

人妻が不倫に手を出してしまう理由として以下の8つの理由が考えられます。

  • 仕事で頼りがいのある男性に心を奪われ不倫に発展
  • 不倫関係がお互いに気を使わず楽と感じている
  • 話の趣味が旦那よりも合う
  • 女性として自分のことを見てくれるため
  • 金銭的な余裕ある立ち振る舞いに惹かれて関係を希望する
  • 本気で不倫をしたいと感じたから
  • 旦那に相手にされない寂しさを埋め合わせるため
  • ドラマでの不倫に感化され危険を犯した恋をしたいと思ったから

人妻によって理由はさまざまですが、不倫をするための「動機」が必ず存在します。大切なことは、どれも人妻がときめく何らかの理由が存在しています。人妻に興味を持ってもらいたい場合は、8つの理由のどれに該当をするのか意識をしながら、コンタクトを取るようにしましょう。

不倫につなげやすい男性の何でも受け入れる「サンドバックアピール」とは

不倫につなげやすい男性の何でも受け入れる「サンドバックアピール」とは

不倫相手として発展させるためには、人妻に何らかのメリットが無ければ意味がありません。相手が体の関係だけを求めているのであれば、体の相性で不倫まで持ち込むことも可能ですが、全員が肉体関係のみを求めているわけではありません。

不倫で大切なことは、相手のストレスを解放する存在になることが大切です。特に不倫願望の強い人妻は、家庭、職場、育児などさまざまなストレスを抱えています。誰かに愚痴を語ることで、ストレスを吐き出したいと考えている人妻も少なくありません。

どこにもストレスが出せない人妻に対し、自分が愚痴を聞き、ストレス発散を手伝ってあげるとアピールすれば、不倫関係へ発展することも期待できます。

大切なことは、相手に「愚痴や悩みいつでも聞くよ」とアピールすることです。愚痴をいつでも聞けるサンドバックから、次第に恋愛対象となり最終的に不倫関係に発展することが期待できます。

不倫関係になりやすい女性タイプを見極めよ

口説きテクニックを習得しても、相手が不倫関係に持ち込みやすい女性でなければ、意味がありません。不倫関係になりやすい女性を見極めるために、どのような女性を狙うべきか、全くテクニックが通用しない女性と合わせて解説します。

不倫関係に発展しやすいタイプ

不倫関係に持ち込みやすい一つ目の女性タイプは、かまって欲しい系の女性です。

かまってほしい系の女性は、自己承認欲求が強く、自分のことを女性として見てくれる人に好意を抱きます。

かまってほしい系の女性を口説く時は、相手の悩みを親身になって聞き、二人で飲み会をする機会を提案しましょう。その後、二人きりになったところで徐々に距離を縮め、ボディタッチをしながら相手との距離を測ります。

うまくいけば相手との距離が一気に縮まり不倫関係に発展することも可能です。かまってほしい系の女性は口説ける可能性が高く、徐々に距離を詰めて話を広げるようにしましょう。

かまってちゃん系と同様にお姫様系の人妻も同様のアプローチで距離を縮めることが可能です。職場からお姫様のような扱いを好んでいる女性がいれば、かまってほしい系と同様のアプローチで距離を縮めましょう。

二つ目の女性タイプは母性豊かなタイプです。

母性豊かなタイプはかまって欲しい系の女性とは異なり、ショタコン願望が強めです。

母性豊かな女性タイプとの不倫を成功させる口説き方は「家に居場所がない」「自分の妻の愚痴~不倫候補女性を褒め称える」「一緒にいると癒やされる」等の母性をくすぐる攻め方が効果的です。

特に「一緒にいると癒やされる」はキラーワードになるので、ホテルに行けると確信できたときなどに使うのがおすすめです。

口説きが通用しないタイプの女性

口説きが通用しないタイプの女性

口説きが全く通用しないタイプの女性が大きく分けて2つあります。遊び人タイプの女性と、プライドの高い女性です。

遊び人タイプの女性は、ちやほやされて女性としての価値を確かめることを目的としているため、会うことは考えていません。いくら仲良くなっても、実際に会おうと提案してもはぐらかされてしまう恐れがあります。男友達が多い人妻は、遊び人タイプが多いので注意が必要です。

プライドの高い女性は、距離を一気に縮めようとしても効果がありません。プライドの高い女性は、一時的な気分で登録をしているため不倫相手を絶対に探しているわけではありません。特に容姿が抜群に良い女性は、自分を口説いて抱くなんて10年早いと思っていることもあります。

口説きテクニックの通用しない女性の多くは、理想的な男性が現れない限り、会うことを前向きに考えないため諦めるようにしましょう。

絶対にやってはいけない口説き方

絶対にやってはいけない口説き方があります。口説く時には絶対に気をつけるようにしましょう。やってはいけない口説き方として、自分もセックスレスアピール、セックスうまいアピール、自分はできる男アピールをすることです。

人妻が不倫相手を探す基準として、肉体的な欲求不満を解消するためとしていることもあります。しかし、相手が肉体的な欲求を満たす相手を探しているからといって、セックスがうまいアピールや自分もセックスレスアピールを自らするのはナンセンスです。自分でアピールをすると「この男性は誰でもよくて、とにかくセックスのできる相手を探しているだけ。」と捉えられてしまい場合によっては距離を置かれる可能性があります。絶対に避けましょう。

もう一つは、自分はすごい男アピールをすることです。愚痴を聞く役に徹しても、雑談をする際に、仕事できるアピールをすれば、人妻が幻滅してしまう恐れがあります。仕事できるアピールは極力控え、人妻に寄り添って話を聞くように徹しましょう。

正しい口説きテクニックを持ち人妻にアプローチを

正しい口説きテクニックを持ち人妻にアプローチを

人妻と不倫関係に持ち込むためには、不倫を前向きに考えている人妻を選び、適切な距離を保ちながら距離を縮め口説くように徹することが大切です人妻のタイプの見極めと、適度な口説きテクニックを兼ね備えてなければ、不倫関係に持ち込めない可能性があります。大切なことは、焦らず距離を縮め相手との距離を縮めることです。

いけない関係と分かっていながら、不倫関係に発展したいと強く願うような男性としての立ち振る舞いを意識して、人妻との距離を縮めるように意識してみましょう。
本記事で紹介したテクニックをしっかり守り人妻とコミュニケーションを取れば、理想の不倫相手を見つけ、お互いにとって楽しい関係を築き上げることができるかもしれません。